城崎温泉公式サイト KINOSAKI Hotspring Official Site

城崎観光ガイド

ゆかたの着方・帯の結び方

一人でできる帯むすび
文庫むすび

もっとも基本的な帯結びで、どのような雰囲気のゆかたにも合う結び方です。 背中に添うように形づけるのがポイント。


着付けに必要なもの
  • (1)帯を半分に折り、折山を下にして、テ先から約45cmのところを前中心にあて、クリップで止めます。
  • (2)さらに、ウエストまわりに、二つ折りしたタオルをくるりと巻きます。
  • (3)腰ひもを使ってタオルを押さえます。
  • (4)テ先を右肩にかけ、タレ先から肩幅より少し広くとります。
  • (5)タレ先を内側に入れ、タレ先を結び目から約10cmのところに重ねます。
  • (6)下の輪の中心を上に合わせます。(帯の長さ、体形の違いによって、羽根の大きさが変わります。)
  • (7)羽根の中央で半分に降ります。
  • (8)両端を折り返し、ふたつ山ひだを作ります。
  • (9)折り山を上に向け、テで羽根の中心と結び目をふた巻きして、残りのテを帯の中に入れます。
  • (10)羽根の先を下へ折り曲げるようにして、羽根の形を整えます。羽根が背中の中央にくるよう右回りで回します。
ワンポイントアドバイス
帯を上手に後ろに回すコツ。右手で帯の中央を持ち、左手で帯板を押さえて、衿合わせと同じ右回りで回します。逆の左回りにすると、衿が乱れ、着つけが台無しに!絶対に間違えないでね。

    記事はありません。

ページ上部へ