城崎温泉公式サイト KINOSAKI Hotspring Official Site

城崎観光ガイド

ゆかたの着方・帯の結び方

このコーナーでは、一人でゆかたを着れるよう、ゆかたの着方・帯の結び方を紹介します。
ゆかたを着たときのマナーやお手入れ方法は「知っておきたいゆかたのあれこれ」でチェックしてね。

一人でできるゆかたの着付け
ゆかた各部の名称


着付けに必要なもの
  1. ゆかた用スリップ (襟ぐりが大きく開いたタンクトップとスパッツでもOK)
  2. タオル2枚(補正用)
  3. 腰ひも(補正用)
  4. クリップ
  5. 伊達締め
  6. 伸縮性腰ひも
  7. 伸縮性胸ひも
  8. 帯板

補正
  • (1)四つ折りにしたタオルを腰のくぼみに当てます。
  • (2)さらに、ウエストまわりに、二つ折りしたタオルをくるりと巻きます。
  • (3)腰ひもを使ってタオルを押さえます。

着付け
  • (1)ゆかたをはおり、前中心で衿を合わせ、背縫いが背中中心になるようにします。
  • (2)くるぶしの高さまで、裾を引き上げます。短すぎると子供っぽく、長すぎるとだらしなくなるので注意。
  • (3)まず上前幅から決めます。上前(左手側)を右の腰骨の位置に合わせ、右手で下前を軽く引きます。
  • (4)(3)で決めた上前幅がずれないように上前を引き、下前を入れこみます。 下前のつま先を床から10cmくらい上げ、余った部分は左脇で前に折り返しておきます。
  • (5)上前を重ね、つま先が床から5?6cm上がるようにします。
  • (6)腰ひもをウエストにあて、ゆかたを押さえます。腰ひもを後ろで交差させて、前でフックを止めます。
  • (7)身八つ口から両手を入れて、おはしょりをおろします。
  • (8)後ろのおはしょりも、中に手を入れてきれいに整えます。この際、衣文をにぎりこぶし一つ入るくらい抜きます。
ワンポイントアドバイス
衣文の抜き具合のバランスが、ゆかた姿の印象を左右します。抜きすぎると首の間が開きすぎてだらしなく、詰まっていると苦しそうに見えます。
  • (9)下前を斜めに折り上げ、ウエストの位置で胸ひものフックを止めます。
  • (10)のどのくぼみのところで衿合わせをし、上前のウエストの位置でフックを止めます。
  • (11)後ろで左右の胸ひもを交差させ、前でフックを止めます。
  • (12)背中のしわを両脇へ持っていきます。
  • (13)おはしょりが長い場合は、両手でおはしょりを持ち上げ、帯の下から7cmくらい出るように整えます。
  • (14)整えたおはしょりを押さえるように、伊達締めをします。前中心で合わせたら、後ろで交差させ、前でからげてはさみます。
  • (15)最後に帯板をつけて出来あがり。
ワンポイントアドバイス
伊達締めのひもは前で二度からげて(かけて)交差させると、ひもが緩みません。残りのひもは両脇にはさんですっきりさせましょう。

    記事はありません。

ページ上部へ